重要性を増す投資家へのESG報告

過去においては投資損益が投資戦略の成功を計る唯一の尺度であったかもしれません。しかし、最近、投資家の間で投資が環境や社会に与える影響や投資ストラクチャーのコーポレートガバナンスを考慮する傾向がますます強まっています。

ファンド運用会社にとって、大口の機関投資家は非常に魅力的な存在です。これらの投資家は多額の出資金を拠出するため、資金がどのように投資されるかに比較的大きな影響力を持っています。そして、かつて日本市場で見られたように、巨大な機関投資家がある投資方針を採用し始めると、時をおかず他の投資家も追随します。

このため、こうした機関投資家が現在重視しているESG要素(環境、社会およびガバナンス)は、ファンド運用会社に大きな影響を及ぼしています。

ESG:環境・社会・ガバナンス

投資家が考慮する主なESG要素には以下があります:

環境

CO2排出量削減への世界的な潮流。投資対象となるポートフォリオ企業は、エネルギー利用に占める環境に優しいエネルギー源の比率を考慮するでしょう。また、投資対象の業種が製造業や一次産品である場合、製造や産出のプロセスが環境面で持続可能であるかも問われるかもしれません。

社会

ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(社会的包摂) – ジェンダーバランス、人種多様性が推進され、年齢その他社会および人口統計学的要因による差別がないよう手段を講じていること。あらゆるタイプの従業員が十分に代表されているか。賃金格差はあるか。特に、取締役のジェンダーダイバーシティへの注目は一層高まっています。

ガバナンス

手数料の透明性。公平な報酬。腐敗防止策。明確なリスクガバナンスと内部統制

ガバナンスや規制の基準が世界的に急速に厳格化する中で、運用するファンド内に強力なガバナンス態勢が敷かれていることを示せるかが極めて重要になっています。

税制に関しては、法律の条文だけでなくその精神を全ての法域において遵守し、また、行き過ぎた節税ストラクチャーを避けることへの圧力が、ますます高まっています。投資家は、自らの法域での納税義務を完全に履行していることを示す必要があります。

ESGコンプライアンスを確保する方法

ESGを遵守した投資を確実に行う最も簡単な方法は、例えばESG指数のレーティング等により、ESGコンプライアンスを認定された商品を購入することです。MSCIのESG指数など、ESG理念を中核に据えた指数は複数あり、投資配分の際や、投資家がファンド運用会社のESGパフォーマンスをモニターするのに便利なベンチマークとして利用できます。

ファンド運用会社によっては、国連の責任投資原則(PRI)に署名している場合もあります。PRIは世界基準に沿った自主的なスキームであり、気候変動、人権および税金回避といったESG課題が投資に与える影響を理解するのを促し、署名した投資家ネットワークがこうしたEPS要素を自らの投資や出資判断に反映させるのを支援します。

増大するESG報告への需要

投資家のレベルが上がりESG要素が一層重視されるに従って、ESG指標の報告要請が増加しています。

しかし、ESG報告書の定型フォーマットはないため、投資家にとって重要でないものも含め膨大な量のデータが分配される事態に陥る可能性があります。運用会社ごとに異なる尺度で報告するため、投資家側のデータ収集は手間がかかるものとなります。CO2排出量など似た尺度が使われている場合であっても、報告様式が少しでも異なれば投資家が全体のポジションを統合して比較することは困難となります。

この状況を改善すべく、投資家と運用会社の双方が柔軟なアプローチを採用する必要があります。

新たな業界基準の登場

次第に新たな業界基準が整いつつあり、今や投資家は、独自の尺度を加えた所定のテンプレートを用いてファンド運用会社からESG情報の提供を請求するのが一般的となっています。このようにテンプレートを用いることで、投資家は、データを自社システムに再入力する必要なく、データが自動アップロード可能なフォーマットで提出されることを確保すると同時に、他の多くの運用会社のデータと比較分析することが可能になります。

大手機関投資家は、様々な投資戦略を複数のゲートキーパーや運用会社に分散して運用させる傾向があります。こうした機関投資家は、委託した各運用会社がそのESG責務に従うと同時に投資ポートフォリオ全体について明確に全体を示すことを期待しています。投資家がデータを定型フォームで受け取ることができれば、様々な運用会から提出された報告書を1つのデータベースに自動的にアップロードすることが可能となります。データベースを使うことで、全データを分析し意味のある報告書を作成し、ESGコンプライアンスおよびポートフォリオにおける投資機会を特定することを可能にします。

まとめると、他社に先行し、ESG報告に対する投資家の高まる要請に効率的に対応することができるファンド運用会社にとっては、大きなチャンスが到来したということで、大手機関投資家の資金を獲得することができるでしょう。

エクスペクト・ムーア

弊社シニアマネージャーのジョエル・スペート(Joel Speight)が自身の最新の寄稿で指摘しているように、ファンドの事務管理を専門業者に外部委託するファンド運用会社が増加していますが、テクノロジーへのアクセスが重要な理由の一つとなっています。弊社の最新データシステムは、ESG報告の各種ソリューションを搭載しており、意味のあるデータをファンド運用会社から投資家への送信を支援します。本分野における弊社の専門性とサービスの詳細は、弊社までご連絡下さい。

E-メール:andrew.pittom@mooremanagement.com 電話:+44 1534 822508

To find out more and speak to one of our specialists

Get in touch

We are a First / Names Group Company